menu

モモンガ飼育法~初心者の飼い方~

モモンガが妖怪!?気になる名前の由来

『モモンガ』その名前の由来、気になりませんか?

なぜそう呼ばれるようになったのか、モモンガの愛くるしい見た目と夜行性であるその習性は、昔の人々にどう捉えられていたのでしょうか。

また、外国でのモモンガの呼ばれ方など、モモンガ好きなら知っておいて損はないトリビアをご紹介します。

日本では昔、妖怪扱いされていた

モモンガは日本で古くから知られていましたが、夜間にひらりひらりと滑空すること、また、獣なのか鳥なのかわからない外見などから、ムササビと同様、妖怪扱いされていたようです。

実際、平安時代にはモモンガとムササビの区別はされておらず、両者を同様に「モミ」または「ムササビ」と呼んでいました。

この「モミ」は「毛美(もみ)」という漢字があてられますが、毛が美しいことからつけられた名前です。
それが「モモ」となり、モモンガの鳴き声の「グァ」がプラスされて、「モモングァ」と呼ばれるようになりました。

ちなみに、「モモングァ」を漢字で表すと、「模模具和」となります。
そのあと、「モモングァー」「モモンガー」となり、現在の「モモンガ」に落ち着きました。

なお、「モモ」という言葉は今も地方で使われることがありますが、モモンガを指す言葉ではなく、ムササビや化け物を表す言葉となっています。

子どもを脅かすモモンガ

モモンガについての言い伝えもいろいろあります。

夜、道を歩く人を襲うといわれ、子どもを脅かしたり、しつけたりするときに、モモンガを引き合いに出したようです。
たとえば、なかなか夜寝ようとしない子どもに「寝ないと、モモンガが来るよ~」と言って怖がらせたり、子どもが言うことを聞かないと「モモンガが来て、山に連れていっちゃうよ」などと脅かしたという話がたくさんあります。

実際、昔の山村では、子どもが頭から衣をかぶってマントのように両手を広げ、「モモンガー」と大声で叫びながら、人を驚かすという遊びをすることもあったようです。

英名は空飛ぶリス

英名は「フライング・スクワール」で、直訳すると「空飛ぶリス」。

フライング・スクワールにあたるのが、アメリカモモンガやタイリクモモンガなどのリス科のモモンガです。

おもしろいことに、英語では、ムササビもモモンガもどちらも「フライング・スクワール」と訳されます。
ただ、ムササビのほうは「ジャイアント・フライング・スクワール」、モモンガは「スモール・フライング・スクワール」と、区別はあるようです。

ちなみに、エゾモモンガは「ロシアン・フライング・スクワール」となります。

一方、カンガルーの仲間のフクロモモンガは、英語では「シュガー・グライダー」と呼ばれています。

ヨーロッパではモモンガ自体の数は少なく、記録や伝承などもあまりありませんが、ドイツ語では「飛ぶ小さな角」という意味の名前で呼ばれています。

ほかに、モモンガの鳴き声がアイヌの子守唄に似ていることから、アイヌ人はモモンガを「アッカムイ(子守りをする神様)」と呼んでいました。


モモンガのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
モモンガ用品通販サイト
モモンガの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top