menu

モモンガ飼育法~初心者の飼い方~

どっちがモモンガ!?モモンガとムササビの見分け方

貴方はモモンガとムササビの違い、説明できますか?

モモンガとムササビは類似点も多いため、混同している方が多いのではないでしょうか。

どちらもとても可愛いらしい見た目や仕草をしてますよね。
ここでは、そんなモモンガとムササビの生態の違いと、見分け方についてご紹介したいと思います。

どちらもリス科

モモンガ(アメリカモモンガ)とムササビはどちらもリス科の動物で、夜行性で樹上生活をし、木と木の間を滑空する点でも同じです。

また、食べ物についても、大きな違いはありません。

しかし、大きさや鳴き声、滑空のしかたなど、異なる点もいろいろあります。

体の大きさ

違いとしてまず挙げられるのが、大きさ。

ムササビは体長25~50センチでしっぽが25~40センチ、体重400~1300グラム。

一方、モモンガは体長が15~20センチでしっぽが10~15センチ、体重150~200グラムと、ムササビとくらべてサイズがぐっと小さくなります。

ムササビはぱっと見ると、小さめの猫くらいですが、モモンガは手のひらサイズなので、ひと目で見分けられるでしょう。

皮膜を広げたときの大きさ

皮膜を広げると、ムササビは新聞紙の片面くらいの大きさになり、モモンガは往復ハガキくらいになります。

滑空時の様子について、「ムササビは空飛ぶ座布団、モモンガは空飛ぶハンカチ」といわれています。

目の大きさ

どちらも、目がくりんと丸い点は同じですが、体に対する目の割合がモモンガのほうが大きくなります。

滑空のしかた

モモンガよりもムササビのほうが体が大きく、その分、皮膜も大きくなります。

具体的には、モモンガの皮膜は前後肢の間だけですが、ムササビは前後肢の間だけでなく、首から前肢にかけてと、後肢からしっぽにかけてにあります。

それにより、ムササビは100メートル程度滑空するのに対し、モモンガは20~30メートル程度と、距離が短くなります。
飛び方もムササビのほうが勢いがあり、モモンガはゆったり飛びます。

しっぽの形

ムササビはしっぽが円錐形なのに対し、モモンガは薄く、扁平です。

群れを作るかどうか

ムササビは単独で活動しますが、モモンガは4~5匹(多いときは10匹になることも)のグループを作って活動します。

鳴き声

モモンガよりもムササビのほうが大きな声で鳴き、鳴き声は「グルルルー」といった感じです。
一方、モモンガは「ズイズイズイ」という鳴き声です。

ムササビの顔には、「白門」と呼ばれる白い帯模様がありますが、モモンガにはありません。

歩く力

モモンガもムササビもどちらも滑空する動物なのであまり歩きませんが、ムササビよりもモモンガほうが歩く力は強いようです。

器用さ

モモンガは枝を伝って歩いたり、逆さまに木を下りたりと器用に動くのにくらべ、ムササビはモモンガほど器用に行動できません。


モモンガのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
モモンガ用品通販サイト
モモンガの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top