menu

モモンガ飼育法~初心者の飼い方~

緊急事態発生!!モモンガが逃げてしまった時の対策法

初めてわが家へとやってきた時はあんなに怯えていたモモンガも、だんだんと慣れてきて、ゲージから出すことも増えたのではないでしょうか。

そんな時、モモンガが逃げ出してしまったら?

可愛がっていたモモンガが逃げ出してしまった時、誰でも焦ってパニックになるのは当然です。

モモンガが逃げ出してしまった際、飼い主ができる最善の策と注意点などをご紹介します。

好物でモモンガをおびき寄せる

運動不足の解消、ストレス発散のためにも、モモンガをケージから出して遊ぶ時間を作ってあげたいものです。

ただ、その際に、モモンガが逃げてしまうこともあります。

モモンガ逃げてしまったら、まず噛まれてもいいように手袋をします。

あれば革製の厚手のものがよいでしょう。モモンガを見つけたら、近くに好きな食べ物を置いてみます。

モモンガはつかまれることを嫌います。

強引につかんだりするとモモンガが噛みついてくることもあります。

また、余計なストレスを与えてしまうので、モモンガから近寄ってくるのを待ちましょう。

透ける布をかけてつかまえる

モモンガが食べ物につられてやって来たら、布などをかけてつかまえます。

タオルなど中が見えにくいものは、つかまえるときにモモンガの姿が確認できないので、洗濯ネットなどのネット状のものか、透けるタイプの布がよいでしょう。

モモンガをつかまえたら、静かにケージに戻しましょう。

つかまえるときに注意したいのが、しっぽをつかむこと。

モモンガのしっぽはちぎれやすく、一度ちぎれてしまうと元に戻りません。
気をつけましょう。

なかなか出てこないとき

室内にいるとわかっているものの、モモンガがなかなか現れないときは、好物を出して部屋を薄暗くし、物音を立てずに静かにしていましょう。

しばらくすると、モモンガが動く気配を感じるので、その気配を頼りに探してみます。

なお、飼い主さんに馴れたモモンガなら、名前を呼ぶことで、出てきてくれることもあるようです。

それでも出てこなければ、騒いで探さずに、夜になるまで待ちましょう。

昼間は、うまく隠れて眠っているでしょう。

必死になって探すと、物を動かしたときの下敷きになってしまったり、飼い主さんが誤って踏んでしまうこともあり得ます。

また、いつでもケージに戻れるように、ケージの開閉部分は開けておきましょう。

好きな食べ物を入れておけば、そのうちケージの中に入って食べていることも多いようです。

ナスカンで脱走対策

ケージの開閉部分を器用にあけて、ケージから出てしまうモモンガもいるようです。

とくに上下に開閉するタイプのケージは簡単に開けることができるので、注意が必要です。

モモンガが開けてしまわないように、ナスカンやスナップフックなどの金具、洗濯バサミなどでとめておくとよいでしょう。

屋外に出てしまった場合

モモンガには帰巣本能がありますが、屋外に出てしまうと、戻ってこれない場合が多いようです。

そんなことにならないように、モモンガをケージの外で遊ばせるときは、ドアや窓がきちんと閉まっているか確認してからにしましょう。


モモンガのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
モモンガ用品通販サイト
モモンガの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top