menu

モモンガ飼育法~初心者の飼い方~

大切なモモンガを危険物から守る!飼い主がすべき対策と注意点

モモンガが慣れてくると、部屋に放して遊ばせたくなってきますよね。

モモンガの運動不足が解消できる点からも、有効的です。

しかし好奇心旺盛なモモンガにとって、危険な事故、思わぬケガをする可能性があり、注意が必要です。

ここではモモンガを危険物から守る、対策と注意点をご紹介します。

ケージの外に出すときは要注意

とても体の小さいモモンガにとって、危険物はいろいろです。

飼い主さんが何気なく使っているものでも、モモンガにとっては危険なものも多いので、とくにモモンガをケージから外に出して遊ばせるときは注意が必要です。

水に注意

モモンガの水難事故は意外と多いようです。

浴室で遊ばせるときは、浴槽に水がはっていないか確認しましょう。

また、トイレや洗面所に行く可能性があるなら、便器のフタを閉める、洗面ボウルの水は流すなどしておきます。

キッチンで遊ばせるということは少ないと思いますが、万一キッチンに行くようなら、鍋の水や洗い桶の水などに注意します。

リビングなどでも、水の入ったコップが置いてないか、花瓶がないかなど確認します。

水の危険のほか、観賞用の花は農薬が大量に使用されていることが普通なので、モモンガが口にすると害になります。

花瓶は別の部屋に移動しておきましょう。

ほかのペットから襲われないように

犬や猫など、ほかのペットがいる場合、モモンガがケージから出て遊んでいる間は、同じ部屋に入れないようにします。

モモンガ自体は、犬や猫に襲われるとは思っていないのですが、犬や猫にとっては格好のおもちゃだったり、ごはんだったりします。

攻撃してしまうことが十分に考えられます。

隙間に注意

モモンガの体はとても小さいので、棚と棚の間や荷物の中、ソファの端など、ちょっとした隙間に入り込んでしまうこともあります。

自分で出てこれればよいのですが、出てこれなくなってしまったり、飼い主さんや家族が気づかずに乗ってしまったりということもあり得ます。

危険な隙間があれば、タオルなどを詰め込んで、モモンガが入れないように予防しておきましょう。

危ないものは片付けておく

モモンガは好奇心旺盛で、部屋にある、いろいろなものに興味を持って、手で触れてみたり、乗ってみたり、口に入れようとします。

モモンガが誤って食べると、下痢や嘔吐などを起こすものがあります。

また、その日は大丈夫でも、毎日少しずつ摂取することで、内臓に障害を起こしていた……というような場合もあり得ます。

人間に有毒なものはモモンガにも有毒です。

タバコや洗剤、消臭剤、殺虫剤、防虫剤、消毒液、ヘアスプレー、マニキュア、除光液、防水スプレー、インク、接着剤、ペンキ、ワックスなどには注意しましょう。

また、飼い主さんの薬や食べ物、観葉植物なども片付けておきます。


モモンガのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
モモンガ用品通販サイト
モモンガの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top