menu

モモンガ飼育法~初心者の飼い方~

このウンチは正常?異常?モモンガの消化に関する病気を知ろう!

モモンガに限らず生き物にとって、排泄物は健康のバロメーターです。

家族の一員として大切に思うのならば、排せつ物のチェックは毎日欠かさず行いましょう。

ここでは便の状態から考えられるモモンガの病気と、その予防法をご紹介します。

下痢

うんちがいつもにくらべて軟らかかったり、液状のとき、また、肛門のまわりが汚れている場合は、下痢を起こしていることがあります。

下痢の原因は環境の変化や精神的なストレスなどが多く、ほかに、細菌性のものやウイルス、寄生虫、カビなどによって起こることもあります。

そのままにしておくと脱水状態になって危険な場合もあるので、獣医さんに診てもらいましょう。薬で治療します。

予防法としては、ごはんは毎日交換して食べ残しは処分し、水もこまめに取り替えること。

また、ケージを清潔にする、温度管理に気を配る、ストレスを与えないことも大切です。

下痢がひどくなると、「直脱腸」といって、直腸が肛門の外に出てしまうこともあります。

その場合は局部を湿らせたガーゼなどで覆って、すぐに病院に向かってください。

手術で直す場合もあります

便秘

うんちの量が少なかったり、まったく出ないなどのきは、便秘の疑いがあります。

体重が減ることも便秘のサインのひとつです。

原因は下痢の場合と同様に、細菌性のものやウイルス、寄生虫、カビ、悪くなった食材や水などによって起こります。

便秘になったら、病院へ行き、原因を調べましょう。

治療は薬などによって行われます。ごはんは毎日交換する、繊維質と水をたっぷり与える、ストレスを与えすぎないなどで、便秘を予防することも大切です。

胃内毛球病

「胃内毛球病(いないもうきゅうしょう)」は、文字通り、胃の中に毛玉ができる病気です。

毛づくろいのときに自分の体毛を一緒に飲み込んでしまうことが原因で起こります。

正常な場合なら、飲み込んだ体毛はうんちと一緒に排出されるのですが、過度に毛づくろいを行ったり、繊維質の食べ物が足りなくてうまく排出されないときなどに、飲み込んだ毛がかたまってしまい、腸の中に残ってしまいます。

症状としては、食欲がなくなったり、うんちの量が減ったり、便秘になったりします。体重が減ることもあります。

胃内毛球病になってしまったら、病院を受診しましょう。

原因を突き止め、必要に応じて薬が処方されます。

予防法としては、繊維質をたっぷりとって、排便しやすくさせること。

また、毛づくろいを必要以上に行ってしまうのは、ストレスが原因であることも多いので、ストレスを与えないように気を配りましょう

ほかに、パパイヤは体の中にある毛を排泄しやすくする作用があるといわれています。与えすぎに注意しながら、試してみるとよいでしょう。


モモンガのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
モモンガ用品通販サイト
モモンガの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top