menu

モモンガ飼育法~初心者の飼い方~

もしかして病気!?モモンガがかかりやすい病気と適切な処置法

モモンガも生き物、病気だってかかります。

なんだか様子がおかしいと思ったら、病院に受診した方が安心です。

ですが、その前に飼い主にもできることはたくさんあります

モモンガが罹り(かかり)やすい病気と、適切な処置・予防をしてあげる為の情報をご紹介します。

風邪

人間と同様、モモンガも風邪をひくことがあります。

くしゃみや鼻水が出たり、目ヤニがついているときは、風邪の疑いがあります。

また、体温が高い、食欲がない、元気がないなどのときも、風邪をひいている可能性があるので、注意が必要です。

風邪の原因は細菌性のものやウイルス、寄生虫、カビ、ストレスなど。

予防のためにも、ケージをいつも清潔にすること、温度管理に気を配ること、そして、ごはんの栄養バランスを考えることなどが重要です。

風邪をひいたら、病院で診てもらうと安心です。そのままにしておくと、肺炎になって、命に関わることもあります。

熱射病、日射病

夏場などに起こりやすいのが、熱射病や日射病です。

気温が高いときにぐったりとしていて動かない場合は、熱射病や日射病にかかっている可能性があります。

熱が上手に発散できず、体温が高くなりすぎている状態でしょう。

まずは冷やしたタオルなどで体を包み、病院に受診しましょう。

予防法としては、直射日光のあたるところにケージを置かない、エアコンなどで室温が高くなりすぎないようにする、換気のよいところこにケージを置くなどです。

低体温症

気温が急激に下がると起こる病気で、ひどいときは仮死状態になることもあります。

すぐに温めることが必要で、エアコンなどで部屋の温度を上げ、意識が戻ったら、ミルクやハチミツを溶かした水をあげるとよいでしょう。

そして、できるだけ急いで病院へ向かいます。

不正咬合

上下の歯のかみ合わせが悪く、歯が伸び続けることを「不正咬合(ふせいこうごう)」と呼んでいます。

食べ物がうまくかめなかったり、食べるときの動作がへんだったり、よだれを垂らすようになります。

また、食欲がなくなることもあります。

不正咬合になると、伸びた歯が口の中を傷つけ、炎症が起こったり、歯が抜けたりすることもあります。

ほかに、鼻炎を伴う場合もあります。

先天的なこともありますが、やわらかいごはんばかり与えた、かじるものを与えなかったなどで歯が研磨されないことが原因です。

病院で歯の治療をしてもらうことが必要です。

硬いごはんもあげるようにしたり、かじるための木の枝をケージ内に入れ、モモンガがいつでもかじれるようにしてあげましょう。

泌尿器の疾患

血尿や尿の色が濃くなることでわかります。

肥満や尿道の細菌感染などが原因のことが多く、また、水をあまり飲まないときなどにも起こりやすくなります。

ほかに、フクロモモンガはにおいをつけるために尿をとまり木などにこすりつける習性がありますが、そのとき、尿道を傷つけててしまったことも考えられます。


モモンガのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
モモンガ用品通販サイト
モモンガの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top