menu

モモンガ飼育法~初心者の飼い方~

フクロモモンガの繁殖をさせる前に知っておきたい事

飼い主さんにとって、フクロモモンガの繁殖といえば、醍醐味の一つではないでしょうか。

繁殖自体は難しい事ではありませんが、問題はその後、育児放棄や子殺しが起きないとは言い切れません。

繁殖させるにあたり、飼い主が気をつけるべきことや、繁殖についての正しい知識を身につけるべく、下記に情報をまとめてみました。

フクロモモンガは繁殖しやすい

フクロモモンガの繁殖は比較的簡単ですが、心配なのは、赤ちゃんが生まれても、親がちゃんと育てられるかどうかということ。

とくに生まれた赤ちゃんはすぐ親の「育児嚢」という袋に入るので、その中で親が殺してしまい、死んでいるのを飼い主さんが気づかなかったということもあるようです。

妊娠がわかったらストレス対策を

そのためにも、母親にストレスを与えないことが大切
ケージの掃除は必要最低限にし、できるだけ静かにしておきましょう。

また、妊娠がわかったら、いままでのごはんの量を1.5倍を目安に増やし、とくにタンパク質とカルシウムは多めに与えます。

赤ちゃんが生まれたら、人間のにおいをつけることも避けましょう。

オスは1歳、メスは2歳までに性的に成熟

フクロモモンガが性的に成熟するのは、オスは生後12~14カ月、メスは生後8~12カ月です。

特徴としては、オスは胸の中心あたりや頭のてっぺんの毛が薄くなり、はげてきます。

オスがにおいや声でメスを誘う

繁殖期になると、オスはメスの胸に額をこすりつけます。

逆に、メスはオスの胸にある香腺に頭をこすりつけて受け入れます。

オスは「キャンキャン」と子犬のように甲高い声を出して、メスを誘うこともあるでしょう。

10~15日間の妊娠後、生まれる

妊娠すると、10~15日くらいで出産となり、1度の出産で1~2匹の赤ちゃんを産みます。

生まれてすぐの赤ちゃんは重さ0.2グラム程度です。

赤ちゃんが生まれるとすぐ、母親が育児嚢までの道のりをなめます。

そのにおいをたどって赤ちゃんが袋に入り、その中でおっぱいを飲んで育ちます。

出産後20~30日(遅いときは生後70日くらいかかることも)で赤ちゃんは袋から出て、今度は1カ月くらい巣の中で暮らします。

100~110日すると巣から出て、やっと独り立ちできます。

赤ちゃんは母親の袋から出て7~10日たつと目が開き、そのあと、5~7日で離乳します。

なお、予定よりも早く赤ちゃんが袋から出てしまったときは、母親が育児放棄をしてしまったのかもしれません。

飼い主さんが育てるのは難しいので、すぐに獣医さんのところに連れていきましょう。

ただし、助かる確率は高いとはいえません。

子どもが親離れをすると、メスは次の妊娠をすることができますが、母体を休めるためにも、次の出産までは半年以上おくことが大切です。

繁殖は春や秋に

フクロモモンガの繁殖期は一年中ですが、できれば、春や秋などの子育てしやすい季節に繁殖させるのがベスト

真夏や真冬は母親にとっても赤ちゃんにとっても体力を余計に使うので、避けましょう。


モモンガのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
モモンガ用品通販サイト
モモンガの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


Top