menu

モモンガ飼育法~初心者の飼い方~

夜行性のモモンガに日光浴が必要!?その効果とは?

モモンガって夜行性のはずなのに、どうして日光浴が必要なの?

そもそも日光浴にどんな効果があるの?

ただ日光浴をさせるといっても疑問は尽きませんよね。

ここではモモンガの日光浴について、その効果ややり方をご紹介します。

1日1回は日光浴を

モモンガは昼間は眠っていて夜行動する動物ですが、まったく光をあてないのはよくありません

1日に1回は日光浴をさせ、紫外線を浴びることが必要です。

日光浴の時間は短時間で構いません。

ケージごと太陽の光が入る部屋に移動して、しばらくそのままにしておきましょう。

日光浴をすることでビタミンD3を作る

日光の中には、紫外線UV-AとUV-B、UV-Cがあります。

UV-Aはガラスを通し、人が浴びると日焼けして肌が黒くなる紫外線です。

一方、UV-Bのほうはガラスを通さず、ビニールでも約1割ほどしか通しません。

人がUV-Bを浴びると、肌が赤くなります。そして、UV-Cはオゾン層でほぼ吸収されます。

モモンガは紫外線UV-Bを浴びることで、骨を作るのに必要なビタミンD3を体の中で合成します。

窓を開けて日光浴させる

紫外線UV-Bは、窓を開けるだけで部屋に入ってきます。

直射日光をあてなくても浴びることができるので、部屋に光が入ってきていれば、日光浴できていることになります。

とくに、夏場の直射日光はモモンガにとってよくありません。

直射日光があたらないように配慮しましょう。

また、空が晴れていなくても、薄曇り程度でも紫外線UV-Bは8割程度存在するといわれています。

快晴の日だけでなく、曇りの日でも日光浴をさせましょう。

ただし、紫外線UV-Bは窓ガラスをほとんど通さないので、窓を閉め切ったままでは日光浴の効果は期待できません。

日光浴をさせるときは、窓を開けておくことが必要です。

まったく日光浴させないと、クル病の危険性も

「クル病」は摂取したカルシウムが体内で分解できずに起こる病気で、動きが鈍くなったり、じっとしていることが多くなったり、ひどいときには骨に影響が出る場合もあります。

日光浴をして体内にビタミンD3を作ることでカルシウムを分解し、骨の生成を助けます。

ちなみに、日光浴の不足以外にも、栄養バランスがかたよった場合にも、クル病にかかりやすくなります。

たとえば、シードだけ、野菜だけといった偏食をしていると、クル病にかかるリスクが高まってしまいます。

クル病を防ぐためには、日光浴だけでなく、バランスよく食べることが大切です。

とくに動物性の食べ物もプラスしましょう。

なお、「人工太陽灯」と呼ばれる、紫外線を補うための電球が市販されています。

日光浴がしにくい環境にあるモモンガには有効ですが、やけどをするおそれもあるので、獣医さんや販売店などで相談のうえ、使用するとよいでしょう。


モモンガのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
モモンガ用品通販サイト
モモンガの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top