menu

モモンガ飼育法~初心者の飼い方~

飼い主さんがするべきモモンガのケア方法と注意点

ケアといっても、一体どんなことをしたらよいのでしょうか?

モモンガは犬や猫などのように、シャンプーやトリミング、耳掃除や歯磨きなどのケアはとくに必要ありません。

ただ、爪に関しては場合によって、飼い主さんが切ってあげる必要があります。

伸びたままにしていると、様々な問題が生じてきますので、大切なモモンガを守るためにも、適切な爪切りを定期的に行ってあげてください。

ここでは、モモンガの爪切りの仕方と、体が汚れてしまった場合の対処の仕方をご紹介します。

定期的にツメのチェックを

モモンガのツメは時々チェックし、長くなったら切ってあげましょう。

ツメが伸びすぎると、枝やものをつかむときに邪魔になったり、ツメが自分の手足を傷つけてしまったりすることもあります。

2人1組で行う

ただ、モモンガのツメはまっすぐではなく、湾曲して生えているので、切るのにコツがいるようです。

小動物用のツメ切りか救急用のカットバサミなどを使って、先のほうのとがった部分だけを切ります。

このとき、血管まで切ってしまったら、すぐにガーゼなどをあてて止血しましょう。

モモンガのツメ切りはとてもたいへんです。

2人1組で行い、1人がモモンガをタオルでそっと包み、もう一人が切るといったように役割を分けるとよいでしょう。

切り方は、まず、モモンガの指先から3センチほど腕を引き出します。

そのあと、親指と人差し指でモモンガの手のひらを押さえて、ツメをカット。

ツメを透かして見ると、ピンクの部分が見えますが、そこは血管が通っている証拠です。

それよりも端を、素早く切りましょう。

慣れないうちは、動物病院で切ってもらうと安心です。獣医さんが切るのを見て、コツを覚えることもできます。

ツメが伸びすぎないようにする

モモンガにストレスを与えないためにも、できればツメ切りをしないで済むようにしたいもの。

野生のモモンガは木の上を駆け上ったり、木に飛びついたりするときにツメが適度に削られ、あえて切らなくてもよい長さにいつも保たれています。

しかし、ペットとして飼われているモモンガの場合はそうはいきません。

しかし、少しでもツメを使う機会を与えてあげることで、解消できる場合も多そうです。

たとえば、「ケージの側面にすのこなどをとりつける」「太めの枝をケージに設置する」「巣箱は木製にする」など、工夫してみましょう。

水で濡らさないようにする

モモンガは体にごはんやうんちなどがついてしまっても、自分で毛づくろいをして、きれいにします。

飼い主さんがシャンプーしたりする必要はないでしょう。

それでもモモンガの汚れが気になるときは、すすぎをする必要のない、スプレーシャンプーを使うのがおすすめです。

また、無香性のウェットティッシュで拭くのも有効です。

拭くだけで簡単にお手入れができる、小動物用の使い捨てシートも販売されているので、うまく利用するとよいでしょう。

モモンガの毛はとても柔らかく、いったん濡れてしまうと、なかなか乾かすことができません。

濡れたままだと体温が下がりすぎたり、皮膚が荒れてしまったりして危険です。モモンガを水で濡らしてシャンプーするのは厳禁です。


モモンガのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
モモンガ用品通販サイト
モモンガの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top