menu

モモンガ飼育法~初心者の飼い方~

モモンガの温度管理!種類によって違う適温と対策法とは?

モモンガにとってどのくらいの温度が適当なのでしょうか?

モモンガの種類によって、適温は違ってきますので注意したいところです。

また、赤ちゃんモモンガを飼育する際にはとくに気温に気をつけましょう。

ここでは適温を保つ方法についてご紹介します。

種類によって暑さに強いか寒さに強いか異なる

アメリカモモンガは暑さに弱く、寒さには比較的強いのが特徴です。

夏は気温が28度以上になると、かなりの負担になります。

一方、冬は寒さに強いとはいえ、15度以下になったらヒーターなどで保温することが必要です。

逆に、暑さに強く、寒さに弱いのがフクロモモンガです。

気温が23度以下になると、病気などになるリスクが高まります。

夏も暑さに強いとはいえ、30度を超えるようなら、対策が必要でしょう。

温度計でチェック

どちらの種類も、人間が過ごしやすい23~26度程度がベターでしょう。

できれば、モモンガのケージの近くに温度計を置いて、ときどき温度をチェックするとよいでしょう。

暑さや寒さに対する人間の感覚はあまりあてになりません。

夏はエアコン、冬はヒーターを活用

夏の気温が高いときは、エアコンを使って高くなりすぎないようにします。

28度以下に設定しましょう。一方、冬もエアコンやストーブなどで部屋の温度が20度を下回らないようにします。

部屋全体を温めるほか、ペットヒーターを使うのもよいでしょう。

さまざまな種類のヒーターが売られています。

「保温シート」はケージの側面などに置いて使うもので、2000円程度で入手できます。

爬虫類コーナーを探してみると見つかるでしょう。

また、「保温電球」は電球形の器具で、フックにつり下げてケージに取り付けます。

だたし、モモンガがコードをかじってしまうこともあるので、気をつけましょう。

サーモスタットも併用する

ヒーターを使うときに気をつけたいのが、温度が上がりすぎてしまうこと。

とくに夜間など、ヒーターをつけたまま飼い主さんが就寝してしまうと、温度が上がりすぎても気がつかず、モモンガに悪影響を与えてしまうこともあり得ます。

サーモスタットは設定温度になったら、自動的にスイッチをオフしてくれるもの。

ヒーターと併用することで、温度の上がりすぎを防ぐことができて安心です。

赤ちゃんモモンガはとくに気温に注意

モモンガの赤ちゃんは自分で体温調節をうまくすることができません。

とくに寒さに弱く、体温が下がってしまうと、体が弱ってしまいます。

ひどいときには、命を落とすことにもなりかねません。

赤ちゃんはプラスチックケースなどで育てますが、必ずペットヒーターを用意しましょう。

あわせて毛布やタオルなどでケースを覆うとよいでしょう。

温度管理のために、ケースの上に温度計を取り付けるのがおすすめ。温度は28~30度と高めに設定します。


モモンガのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
モモンガ用品通販サイト
モモンガの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top