menu

モモンガ飼育法~初心者の飼い方~

モモンガに慣れてもらうための5つのポイント

モモンガの人気の一つとしてあげられるのが、飼い主に慣れやすいところです。

とくにフクロモモンガは飼い主の匂いを覚え、とてもよくなついてくれます。

しかし、警戒心の強いモモンガが、そこまでになるには時間と根気が必要です。

まずは環境に慣れてもらい、信頼関係を築きましょう。

家族の一員として迎え入れたモモンガとの、信頼関係を築く接し方を、下記にまとめてみました。

まずは見守ることから

モモンガはとてもデリケートで、警戒心が強い動物です。

飼い主さんのところに迎え入れたら、1週間くらいはそっと見守り、静かに様子を見ましょう。

このとき、かわいいからと無理に触ろうとすると、モモンガにとって大きなストレスとなります。

緊張したモモンガが大きな鳴き声を上げたり、かみついてくることもあるでしょう。

また、ストレスが原因となって、病気になる可能性もあります。

今までと環境ががらりと変わって、モモンガも戸惑っています。

まずは新しい環境に慣れてもらうことが大切です。

ミルクをあげて馴らす

モモンガを赤ちゃんから育てるなら、飼い主さんがミルクをあげることで、馴れてくれるでしょう。

個体差もありますが、1日2~3回ミルクをあげます。

ただ、モモンガはとても小さい動物なので、授乳はかなり難しいものです。

購入したペットショップで、授乳のコツなどを教えてもらっておくと役立ちます。

ポーチや巾着に入れる

フクロモモンガの場合はにおいに敏感で、飼い主さんかどうかをにおいでかぎ分けます。

ひもつきの巾着やポーチにモモンガを入れて首にかけ、着ている衣服の中に忍ばせましょう。

家でテレビを見たり、音楽を聴いたりしてくつろいでいる時間に行うのがおすすめです。

つまり、カンガルーの親のようにしてあげるのです。

肌に密着させることで、飼い主さんのにおいを早く覚えてくれます。

ただし、ポーチや巾着袋に入れるだけにし、無理にモモンガを触ることはできるだけ避けましょう。

また、大きな音を立てたりして、驚かすこともやめます。

馴れてくれるまでしばらく時間がかかりますが、根気よく続けることで、そのうち、モモンガが飼い主さんに信頼感を持つようになるでしょう。

おやつをあげる

モモンガが飼い主さんに馴れてきたら、手からくだものやおやつなどを与えてみましょう。

最初はなかなか近寄ってくれないかもしれませんが、根気よく続けましょう。

「飼い主さんの手は安全だ」「飼い主さんの手のそばに行くと、おいしいものが食べられる」とわかるようになると、モモンガから寄ってくるようになります。

触れ合いの時間を作る

モモンガが飼い主さんに馴れてくると、飼い主さんとの間に強いつながりが発生するようになります。

とくに寂しいときなどは、飼い主さんに甘えてくれます。

そんなときは、モモンガの相手になってあげましょう。

また、モモンガをケージから出して、飼い主さんと触れ合う時間を持つことも大切です。

運動不足解消のためにも有効でしょう。


モモンガのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
モモンガ用品通販サイト
モモンガの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top