menu

モモンガ飼育法~初心者の飼い方~

モモンガの春夏秋冬・飼い主が注意すべき点

愛くるしい見た目と可愛らしいその仕草から、ペットとしてひそかに人気が高くなってきているモモンガ。

これから飼いたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

そんなモモンガについて、知っていれば安心な、一年を通した注意点や世話の仕方などをご紹介します。

春は抜け毛の季節

春から夏にかけての時期は、換毛期。
冬毛が抜けて夏毛になります。

モモンガは自分で毛づくろいをしますが、毛を飲み込みすぎてしまうと、よくありません。

のどや胃、腸の中で毛がかたまってしまったり、腸の壁を毛が刺激してしまったりと、病気になることもあります。

ときどきは飼い主さんがブラッシングをしてあげるとよいでしょう。

なお、ブラッシングしにくいときは、水で濡らしてかたくしぼったタオルをくぐらせるのもアイデアです。
抜け毛がスムーズにとれます。

梅雨の季節は細菌に注意

湿度が高くジメジメする梅雨の間は、細菌の発生や増殖に注意が必要です。

ケージ内の掃除はこまめに行い、ときどき熱湯消毒や日光消毒をしましょう。

また、エサ入れや吸水器などの備品も同様にきれいにします。

食べ物や水も菌が繁殖しやすくなります。

食中毒を起こさないよう、食べ残しは片付ける、毎日新しいものと入れ替えるなど、管理を徹底しましょう。

夏は暑さからモモンガを守る

夏場は直射日光のあたらない、風通しのよいところにケージを置き、暑さからモモンガを守りましょう。

夏場、日中に部屋を閉め切っておくと、気温がかなり上昇してしまうこともあります。

ひどいときには、モモンガが日射病にかかってしまうこともあり得ます。

エアコンなどを活用して、高温になりすぎないように工夫しましょう。

とくに昼間、留守にするときなどは注意が必要です。

なお、クーラーで部屋を冷やしすぎたり、クーラーの風が直接モモンガのケージにあたらないようにすることも重要です。

秋は食欲旺盛に

春と同様、秋も抜け毛の季節で、夏毛が抜けて冬毛になります。

必要に応じてブラッシングをし、モモンガが毛をたくさん飲み込んでしまわないように注意しましょう。

また、秋は冬に備えて食欲が増す時期でもあります。

巣箱にごはんをたくさん運んでしまい、眠る場所もないくらいにしてしまうこともあるので、その場合は、飼い主さんが取り除いてあげましょう。

冬は暖かく快適に

冬は昼間と夜間の気温の差が激しく、モモンガにとっても過ごしにくい季節です。

飼い主さんが夜寝るとき暖房を止めてしまうと、モモンガはとても寒くてつらい環境に。

夜はケージに毛布をかけたり、キルティングのカバーで包んだりなど、気温が下がりすぎないように工夫しましょう。

ほかに、巣の材料やぼろ布、脱脂綿などをケージに入れ、寒いときにモモンガがくるまれるようにしてあげると安心です。


モモンガのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
モモンガ用品通販サイト
モモンガの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top