menu

モモンガ飼育法~初心者の飼い方~

飼育初心者必見!モモンガのごはん(エサ)のあげ方

いざモモンガを飼うとなっても、餌は何を用意して、いつ・どれぐらいの量をあげたらいいのか、不安になりますよね。

疑問に思うモモンガのごはんや水について、下記で詳しくご紹介しますので参考にして下さい。

夕方から夜にごはんをあげる

モモンガは夜行性なので、ごはんは夕方から夜にかけてあげるとよいでしょう。

できれば、モモンガが寝ている間に用意してあげるよりも、起きてしばらく活動をしてから、ごはんをあげるほうがよいでしょう。

モモンガが食べ物を探す時間を設けることで、自然での姿に近くなります。

植物性のものと動物性のものを用意

モモンガの種類や個体差によっても違いがありますが、ごはんは植物性のものと動物性のものをあげます。

植物性のごはんは木の実や樹皮、くだもの、野菜など、また、動物性のものはミールワームやコオロギなどです。

飼い主さんによっては虫が苦手な場合もあるでしょうが、モモンガに必要な食べ物なので、欠かさないようにしましょう。

なお、ミールワームにくだものや野菜、カルシウム剤などを与え、栄養価を高めてからモモンガのごはんにするのもおすすめです。
また、さなぎを別の容器に移し替えれば、ミールワームを増やすことも可能です。

様子を見ながら、ごはんの量を調整

ごはんの量は植物性の食べ物と動物性の食べ物をそれぞれ大さじ2杯程度。
それで足りないようなら、様子を見ながら少し増やしてみます。

反対に、食べ残しがあれば、量が多すぎるということなので、減らしましょう。
食べ残しがほんの少しだけあるくらいが、モモンガにとっての適量といえます。
朝起きたら、エサ入れをチェックし、食べ残しがあれば片付けてきれいに洗いましょう。

なお、ときどき食べた繊維質を吐き出す子もいますが、モモンガの習性で、病気ではないので大丈夫です。

偏食の子にはサプリメントも

モモンガは好き嫌いが激しく、好きなもの以外は食べないといった子も多いものです。

栄養バランスが崩れると体調が悪くなったり、成長しにくくなったりするので注意が必要です。

どうしても嫌いなものを食べないようなら、サプリメントを活用するとよいでしょう。
ペットショップなどで小動物用のサプリメントが売られているので、探してみましょう。

水は水道水でOK

水は吸水器に入れ、いつでも飲めるようにしておきます。

1日1回は水を替え、吸水器も洗ってきれいにしましょう。
とくに夏場は雑菌が繁殖しやすいので、できれば1日に2回以上替えてあげるとよいでしょう。
水は水道水で十分です。

ミネラルウォーターのほうがおいしいだろうと思いがちですが、硬水のミネラルウォーターはモモンガにとってよくありません。

マグネシウムなどのミネラル分が原因で腎臓などに結石ができやすいので、あげるなら軟水を選びましょう。
ただし、日本のミネラルウォーターであれあば軟水なので、大丈夫しょう。


モモンガのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
モモンガ用品通販サイト
モモンガの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top