menu

モモンガ飼育法~初心者の飼い方~

与えて良い?ダメ?注意すべきモモンガの食べもの(エサ)

モモンガがペットとして飼われるようになってから歴史が浅く、まだまだモモンガの飼育について確立されていない面もたくさんあります。

下記に挙げた以外にも、あげてよいか不安なもの、わからないものは食べさせないほうがよいでしょう。

大切な家族の一員を守るためにも、正しい情報を知り、飼い主としてできる対策はしておきましょう。

玉ネギやネギ

玉ネギやネギなどのネギ類は血液を凝固させる成分が入っているため、貧血や下痢、肝臓病などを引き起こす心配があります。
モモンガに与えてはいけません。

ニラやニンニク

ニラやニンニク、ラッキョウ、エシャロットなども、ネギ類と同様、食べさせるのは避けたい野菜です。

ジャガイモ

ジャガイモの表皮には「ソラニン」という成分が、黒く腐った部分には「セプシン」という成分があり、モモンガが食べると中毒症状を起こすことがあります。
避けたほうが無難です。

トマト

トマトの実の部分は大丈夫なのですが、茎やヘタには「ソラニン」が含まれるので、きちんと取り除いてから与えましょう。
また、実の部分であっても、まだ青いものはモモンガによくありません。

ショウガ

成分的には問題ないのですが、刺激が強すぎることがモモンガにとって心配です。
腎臓や肝臓に負担がかかりやすくなります。

ホウレン草

ホウレン草には「シュウ酸」という成分が入っているので、できれば避けたほうが無難。
腎臓や尿道に結石ができる可能性もあります。

レタス

「硝酸塩」を多く含み、また、水分も豊富なので、食べすぎると下痢を起こすこともあります。
大量に食べなければ問題ありません。

くだものの種

リンゴはおすすめのくだものですが、リンゴの種は毒性が強いので避けましょう。
柿やアンズ、桃、サクランボ、梅についても、種を食べてはいけません。

アボカド

まだ解明されていない部分も多いのですが、アボカドの葉や枝、樹皮には毒性の物質が含まれています。
実の部分も食べないほうが無難でしょう。

パイナップル

パイナップル自体は問題ありませんが、まだ未熟なものはできれば避けましょう。

牛乳

モモンガは牛乳に含まれる「乳糖」を分解できないので、飲むと下痢を起こしてしまいます。
おやつとしてあげたり、赤ちゃんのときにミルクを飲ませるのなら、小動物用ミルクを選びます。

味のついたもの

当然のことながら、味のついたものをあげてはいけません。

お菓子類

クッキーなど、砂糖の入った甘いものはあげてはいけません。

チョコレート、コーヒー、ココア

カフェイン中毒やチョコレート中毒を起こすこともあります。
また、大量に摂取すると死んでしまうこともあります。避けましょう。

観葉植物

食べ物以外にも、観葉植物には毒性のあるものも存在するので、注意が必要です。


モモンガのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
モモンガ用品通販サイト
モモンガの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top