menu

モモンガ飼育法~初心者の飼い方~

モモンガのケージ!選ぶ際のポイントとは?

モモンガを飼うには、それなりの準備が必要となります。

まずは住環境をしっかりと整えたいものです。

モモンガのお家ともいえる「ケージ」はどんなものが適しているのか、また、選ぶ際の注意点とは何か。

下記を参考に、モモンガが安全に安心して過ごせる環境作りをして下さい。

リス用や鳥用のケージを代用

モモンガはポピュラーなペットではないため、専用のグッズはあまり売られていないのが現状です。

ケージについても、モモンガ専用を見つけるのは少なかったり、難しかったりするでしょう。

リス用や鳥用のケージで代用できます。

ケージと備品がセットになったものも

インターネットなどでは、モモンガ専用のケージを見つけることができます。

巣箱や止まり木、食器、吸水器、床材などがセットになったものも多く、はじめてモモンガを飼う人におすすめです。

高さと広さが十分にあるものを選ぶ

モモンガのケージを選ぶときに重要なのは、高さと広さが十分にあること。

モモンガは滑空する習性を持っているので、ケージ内にある程度のスペースが必要です。

また、巣箱や止まり木なども設置するので、それらがあっても邪魔にならないくらいの余裕が必要です。

ほかに、ケージを選ぶときに注意したいのが、柵の間隔です。

チンチラ用のケージやフェレット用のケージでは柵の間隔が広すぎてケージの役目を果たさず、小さな体のモモンガでは抜け出してしまうこともあります。

ケージ内のレイアウト

まず、ケージの上のほうに巣箱を設置します。

モモンガは樹上で生活するため、高いところのほうが落ち着くからです。

できれば、巣箱以外に、寝袋(ポーチ)もあると、なおよいでしょう。

また、ケージ内に「ステージ」といって、モモンガがちょっと乗れる場所を作っておき、そこにエサ入れや吸水器などを置くとよいでしょう。

上下運動させるため、止まり木は長いものを1本、または数本入れ、ケージの下のほうはすっきりさせておくとよいでしょう。

なお、床には新聞紙やペットシーツ、おがくずなどの床材を敷きます。

ケージ内に余裕があればおもちゃも

ケージ内にまだ余裕があれば、モモンガが遊ぶための回し車や、隠れて遊ぶための筒などを入れてもよいでしょう。

ただし、スペース的な余裕がなければ、入れるのはやめてください。

ケージ内が狭く、ごちゃごちゃしていると、モモンガにとって落ち着かない環境になってしまいます。

余計なストレスの原因になってしまいます。

ケージのまわりにシーツなどを

野生のモモンガは木につかまったまま排泄をします。

ペットとして飼われているモモンガも同様に、ケージにつかまって排泄をするので、うんちやおしっこがケージの外に飛び散ることもよくあります。

ケージの周囲1メートルくらいは何も置かず、ペットシーツなどを敷いておくとよいでしょう。

ケージの掃除はもちろん、ケージまわりもシーツをこまめに替えたり、拭いたりするなどで衛生的に保ちましょう。


モモンガのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
モモンガ用品通販サイト
モモンガの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top