menu

モモンガ飼育法~初心者の飼い方~

モモンガにとって快適な住環境とは?

モモンガを飼うには、それなりの準備が必要となります。

まずは住環境をしっかりと整えたいものです。

モモンガのお家ともいえるケージ、その中に巣箱や止まり木、エサ入れ、給水器など、用意するべきものはたくさんあります。

ですが、モモンガ専用となると、まだまだ品数も少なく、探すのも一苦労です。

そんな時は一般的に売られているものを上手く代用すると良いでしょう。

では、一体どんなものが代用できるのでしょうか。

モモンガが快適に過ごせるポイントなどと共に、紹介していきたいと思います。

高さや広さのあるケージが必要

モモンガは滑空する習性を持つので、ケージは広々したものを用意してあげたいものです。

1匹のモモンガを飼う場合で、少なくとも底が60センチ四方、高さも60センチ以上は必要です。

止まり木や寝床用の巣箱もケージの中に設置しなければならないので、ある程度大きいものを選びたいもの。

リス用か鳥用のケージの中から探してみましょう。素材としては、金属製がおすすめです。

巣箱はモモンガの隠れ家

モモンガを飼うときは、自然での樹上生活に近づけてあげることがポイント。

止まり木や巣箱も用意しましょう。
巣箱はモモンガにとって寝室のような役目をし、モモンガが安心して睡眠するために必要です。

モモンガやリス専用のもののほか、小鳥用の巣箱やつぼ巣(小鳥の繁殖用に使うために、わらでできた巣)で代用できます。

ケージ内の高い位置に取り付けるのがポイントです。

運動不足解消のために止まり木も

ケージ内を上下に運動させるために、止まり木や枝を取り付けましょう。

止まり木は小鳥用のもので代用OK。枝は桜の枝が手に入れやすいでしょう。

枝の長さは、ケージの底から天井に届くくらいの長いものがベストです。

ツメを削ったり、歯を研磨したり、また、食べ物としても活躍します

エサ入れは陶器製を

エサ入れは陶器製のものが安定感もあり、使いやすいでしょう。

「ステージ」と呼ばれる棚を設置して、そこに置いて使います。

ほかに、ケージに直接取り付けるタイプのものも便利です。

また、果物や野菜をあげるときのために、「菜差し」があると重宝。小鳥用のもので代用できます。

給水器はケージに取り付けるタイプを

給水器はケージに取り付けるタイプのものを選ぶとよいでしょう。

吸い口が床につかないように設置します。

なお、給水器にはボールつきのものとボールなしのものがあります。

ボールつきのものがポピュラーですが、飲みやすさで選ぶなら、ボールなしのものがおすすめです。

ケージの底には新聞紙や床材を

ケージの底には新聞紙や床材、ペットシーツなどを敷きます。

こまめに取り替えましょう。

なお、床材は、ポプラチップなどのおがくずや牧草などで、小動物用のものが売られています。

トイレは床置きのものを

トイレは三角コーナータイプのものや四角いものなどあります。

ウサギやフェレット用のものを探すとよいでしょう。

ケージの床に置いて、そこにトイレ砂を入れます。

ただし、モモンガは本来は木につかまったまま排泄をする習性があります。

そのため、ペットとして飼われているモモンガも、ケージにつかまって排泄したり、止まり木につかまって排泄したりします。

だいたい一定の場所で排泄することが多いようですが、飼い主さんがトイレと決めたところでするというわけではないことを頭に入れておきましょう。

トイレを使ってくれないことも多いようです。


モモンガのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
モモンガ用品通販サイト
モモンガの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top